眼内コンタクト
レンズ(ICL)
について

手術による視力矯正法には選択肢があります。

手術による視力矯正法はレーシックが有名ですが、もう一つが「眼内コンタクトレンズ」による治療法です。

眼内コンタクトレンズ(ICL)
目の中に直接レンズを入れる
レーシック(LASIK)
角膜を削って視力向上。

 

眼内コンタクトレンズによる治療法では、角膜を削らずに目の中に直接レンズを入れて近視や乱視を矯正します。この治療法は、一般的に行われている白内障手術をベースに近視矯正法へと発展したものです。

監修:北里大学医療衛生学部資格生理学 教授 神谷和孝先生

「眼内コンタクトレンズ」の特徴

眼内コンタクトレンズ(ICL)視力矯正とは

目の中に入れるレンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。
紫外線をカットする機能もある素材で、半永久的に使用可能です。

ずっとお手入れ不要
取り出すことも可能

目の中のレンズは、くもったり汚れたりしないので、日々のお手入れやメンテナンスは不要です。目の中でゴロつきを感じることもありません。

万一の場合、
元の状態に戻せます

度数が大きく変化したり、新しい視力矯正方法が選択できるようになった場合でも、眼内コンタクトレンズは完全に取り外しが可能です。

日帰り手術 回復も早い

眼内コンタクトレンズ視力矯正は、レンズを専用の器具で目の中に入れます。
麻酔は目薬だけですから痛くはありません。
また傷口が約3ミリと小さいので回復が早く、日帰りの手術が可能です。

眼内コンタクトレンズ視力矯正の歴史

眼内コンタクトレンズは、1997年に欧州で導入されて以来、世界で累計1,000,000眼に使用されています。
国内では2003年から治験が始まり、2010年に医療機器として承認されています。

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせはお電話にて受付しております。お気軽にお問い合わせください。
TEL:045-364-1010
診療受付時間:【平日】9:30~12:30、14:30~18:00 /【土日・祝日】 9:30~12:30、14:30~16:30